【Docker compose】lamp+Laravle環境を作るpart1

まずはホスト側でlaravelをインストールできるようにするための準備
composerのインストールまで行う

参考ページはこちら

yumリポジトリ追加

・EPELリポジトリ

yum install epel-release

・Remiリポジトリ

rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm

PHP7をインストール

yum install --enablerepo=remi,remi-php70 php php-devel php-mbstring php-pdo php-gd

インストールできたか確認

[root@dev381 src]# rpm -qa | grep php
php-7.0.20-1.el7.remi.x86_64
php-mbstring-7.0.20-1.el7.remi.x86_64
php-common-7.0.20-1.el7.remi.x86_64
php-devel-7.0.20-1.el7.remi.x86_64
php-pdo-7.0.20-1.el7.remi.x86_64
php-json-7.0.20-1.el7.remi.x86_64
php-cli-7.0.20-1.el7.remi.x86_64
php-gd-7.0.20-1.el7.remi.x86_64

[root@dev381 src]# php -v
PHP 7.0.20 (cli) (built: Jun 7 2017 07:50:14) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2017 The PHP Group
Zend Engine v3.0.0, Copyright (c) 1998-2017 Zend Technologies

Composerをインストール

[root@dev381 src]# curl -sS https://getcomposer.org/installer | php

All settings correct for using Composer
Downloading…

Composer (version 1.4.2) successfully installed to: /usr/local/src/composer.phar
Use it: php composer.phar

[root@dev381 src]#
[root@dev381 src]# ls
composer.phar git-2.9.0.tar.gz readme.txt
[root@dev381 src]# mv composer.phar /usr/local/bin/composer

composerと入力するとインストールできているか、コマンドのパスが有効になっているかがわかる

$ composer

※composerコマンドはrootユーザーでは使わないことが推奨されているらしいです

続きは次回

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする