【Vagrant】どこにもアクセスできなくなったときにやったこと

vagrantを再起動すると以下の画像のようにどこにもアクセスできなくなった

そのときにやったことをメモしておく

1.Apache再起動

2.再起動時にApache起動、Laravelのkey生成

原因はApacheが起動していなかったことっぽい

そのあとLaravelプロジェクトを動かすためにkeyを作成し終了

[root@localhost ~]# apachectl restart

[root@localhost ~]# cd /vagrant/git_my_shared/

[root@localhost git_my_shared]# php artisan key:generate

Application key [base64:??????????????????] set successfully.

2.

1で設定したがvagrantを起動するたびにやるのはめんどうなのでvagrantfileでvagrant起動時に1のコマンドを叩くように設定する

こちらのページを参考にしました

以下vagrantfileのend前に記述しておく

config.vm.provision :shell, run: “always”, :inline => <<-EOT
sudo service httpd restart
cd /vagrant/git_my_shared
php artisan key:generate
EOT

vagrantを再起動すると実行してくれた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする