【Git】ブランチを切って開発しよ

事前にbitbucketでもなんでもいいのでブランチを切って作っとく

bugfix/testというブランチを作った

ローカルでリモートのブランチを使おう

まずは当然ながらクローンして落としておく

存在するブランチを確認

$ git branch -a

  • master
    remotes/origin/HEAD -> origin/master
    remotes/origin/bugfix/test
    remotes/origin/master

ブランチを切り替える

$ git checkout bugfix/test
Branch bugfix/test set up to track remote branch bugfix/test from origin.
Switched to a new branch ‘bugfix/test’

リポジトリ切り替え前

$ git branch -a

  • * master
    remotes/origin/HEAD -> origin/master
    remotes/origin/bugfix/test
    remotes/origin/master

リポジトリ切り替え後

$ git branch -a

  • * bugfix/test
    master
    remotes/origin/HEAD -> origin/master
    remotes/origin/bugfix/test
    remotes/origin/master

一番頭のアスタリスクがついているものが現在参照しているリポジトリとなる

変更前と変更後で変わっているのがわかる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする