【Python】値のチェック一覧

値のチェックといっても種類があります

1.変数自体の存在チェック

2.辞書キーの存在チェック

3.変数空チェック

1.変数自体の存在チェック

こちらの記事を参考

方法は2つある

try:
    hoge = hoge
except NameError:
    hoge = 1    

hoge = hoge if 'hoge' in locals() else 1

try,exceptを使う場合、ネストになったら以下みたいに読みにくくなる気はする

try:
    なんか書く
except Exception as e:
    try:
        hoge = hoge
    except NameError:
        hoge = 1    

2.辞書のキー、値の存在チェック

こちらの記事を参考

if 'key1' in ar1:
    print("KEY IS EXIST")

3.変数からチェック

要は、「変数が空でかつ[]である」ということ

こちらの記事を参考に

if a == []:
 print("リストは空です")

これでおk

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする