【Sublime Text】おすすめ設定(Netbeansライク)

日頃いくつかエディタを使っていてその中でもsublime textを使うことがちょくちょくあった

ショートカットキーが昔使っていたIDEのnetbeansライクに定義関数へのジャンプや参照元に戻ったりできたらと思ってちょっと調べてみた

以下の記事を参考

sublime text3でeclipseのF3のような関数ジャンプキーバインドを設定する

まずは「関数の定義元にジャンプ&戻る&進む」の設定行う

メニューの Preferences > KeyBindings User を開いて以下を追記

(Default (Windows).sublime-keymapというファイルが開かれると思います)


[

	// alt+spaceで関数の宣言元にジャンプ
	{ "keys": ["alt+space"], "command": "goto_definition" },
	// alt+左で戻る
	{ "keys": ["alt+left"], "command": "jump_back" },
	// alt+右で戻ったのをまた進める
	{ "keys": ["alt+right"], "command": "jump_forward" },

]

次にCtrl+クリックで関数の定義にジャンプする設定を行う

Preferences > Browse Packagesで設定ファイルが入っているディレクトリを開いて
更にUserディレクトリの中にDefault (Windows).sublime-mousemapというファイルを作成し、
中に以下の設定を書く

(「Default (Windows).sublime-mousemap」というファイルが開かれると思います)

[
    {
        "button": "button1", 
        "count": 1, 
        "modifiers": ["ctrl"],
        "press_command": "drag_select",
        "command": "goto_definition"
    },
]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする